PROFILE

板垣朝子(Tomoko Itagaki)

幼少期よりモダンバレエをはじめる。
中学、高校で新体操部に所属。
日本女子体育短期大学舞踊専攻に入学して様々な身体表現を学び、卒業後、TV、コンサート、イベントなどにダンサーとして多数出演。

2003年、木佐貫邦子のダンスに出会い、以降師事し、多くの木佐貫作品に出演。
その後クラシックバレエを井上励子に師事。

2007年より創作活動を開始。
自主企画の公演に『起点』『among』『マッチとアルコール』・・・、ソロ公演に『バラの日に生まれる』『ツキノオト』『しずかな春』などがある。

これまでに、上村なおか、笠井瑞丈、杏奈・・・などの作品にダンサーとして出演。

近年は劇場にとどまらずカフェやギャラリーなどでもダンス公演を企画し、ミュージシャンや他ジャンルとのコラボレーションも多数あり、ダンスが社会に拡がってゆくことを願い活動中。

現在、HIP Dance Arts Entertainment講師。一人一人に合った指導力に定評があり、都内数ヵ所で開講している60歳以上の方向けのダンス教室も好評。

父は楽器屋。母、姉はピアノ教師。

photo by Hiroyasu Daidou